山あり海なし温泉あり

温泉・パワースポット・風水・美味しいものが大好きです。旅行に行くために節約、家計管理も頑張っています。

スポンサーリンク

コウノドリ第5話を見て号泣。生まれてくる命の尊さについて改めて考えさせられる

f:id:yamaumionsen777:20171113161810j:plain

ネタバレを含みますので、これからコウノドリをご覧になる方は読まないで下さい。

コウノドリ

コウノドリは現在、TBS系列で放送中の綾野剛さん、星野源さんなどが出演されているドラマです。

原作は「モーニング」(講談社)で連載中の鈴ノ木ユウさん作産婦人科を舞台にした漫画です。

 

私は綾野剛さんのファンなので、毎週楽しみに見ています。綾野剛さんの顔が決して好みな訳ではないんですよ。顔は男女問わず目が大きくてタレ目な感じが好きなので。

カメレオン俳優と言われている綾野剛さんの演技が大好きなんです。映画もたくさん見ています。山田孝之さんも好きですけどね。この二人は最強です。

 

まずはコウノドリ第4話を見て思ったこと

コウノドリ第4話は、安めぐみさん演じる蓮が長女を帝王切開で産んだことで、長女を愛せていないのではないかと不安になり、第2子はリスクを負ってでも自然分娩で産みたいと希望する話でした。

「陣痛を経験して出産しないと、子供への愛情が不足する」

この考えには私は断固反対します!!

私は子供2人とも産道を通して産んだので、帝王切開は経験していません。

でも出産を経験していない、もちろんお腹の中で赤ちゃんを育ててもいない我が夫は、私と同じかそれ以上に我が子に愛情を持っています。

お腹の中で育てて赤ちゃんを守ることはお母さんにしかできないけど、産まれてからたくさんの愛情を持って大切に育てることはお母さんにもお父さんにもおじいちゃん、おばあちゃんにだってできます。

結局、子宮口がなかなか開かずお産が進まない蓮は帝王切開で出産しました。

出産方法なんて関係ない。どんな方法で出産しようとも我が子は世界一愛しい存在であるということを考えさせられた回でした。

 

涙なしでは見られない。第5話

第5話は切迫早産の可能性があり、急遽入院することになった篠原ゆき子さん演じる瑞希のお話です。

入院中、同室のひかる(矢沢心)とも仲良くなり、順調に入院生活を送っていた瑞希。ところがエコーを見た時、赤ちゃんの心拍が確認できず…。

IUFD(子宮内退治死亡)。赤ちゃんはお腹の中で亡くなってしまったのです。

亡くなってしまった赤ちゃんをお腹の中に置いたままにはできないので、瑞希は翌日出産することになります。

 

これは漫画が原作のドラマのお話です。

でも私の母はこのドラマと同じような経験をしました。

私には4歳年上の姉がいました。母は普通に陣痛がきて姉を出産しました。でも生まれてきた姉はすでに亡くなっていたのです。

この時の母の気持ちを思うと、考えただけで涙が出てきます。物心ついた頃に私は母から聞いたけど、自分が母親になった今思うと、母の切なさは計り知れません。

そして、母は子供は2人で十分だったので(私には兄がいます)姉が無事に生まれていたら私は生まれなかったということも聞かされました。

「与えられた命を大切に、私は姉の分まで一生懸命生きていかないといけない」

子供の頃からずっとそう思って生きてきました。

 

私は娘を不妊治療してやっと授かることができました。出産時は陣痛が始まってから産まれるまで65時間かかりました。大難産でした。

息子はある障害を持って産まれました。息子が小さい頃は私も悩み、辛い思いもたくさんしてきました。

2人の子供達は心から愛しく大切な存在です。「私をお母さんに選んで生まれてきてくれてありがとう」と生まれた時からずっと思っています。

 

出産はお母さんも赤ちゃんも元気で無事で産まれることが当たり前のことではないのです。

コウノドリ第5話のように、悲しい出来事が現実にもあるのです。

このドラマを見ている時、隣にいた息子に「元気で無事にお母さんの元に産まれてきてくれて本当にありがとう」と言って、ギュッと抱きしめました。

 

最後に・・・

コウノドリ綾野剛さん演じるサクラは優しすぎて、綾野剛ファンとしては何だか物足りない!!

映画で見るもっとオラオラ系のワイルドな綾野剛を見たいんだ!!と思いながら、毎回コウノドリを泣きながら見ています(;^_^A

  

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング