山あり海なし温泉あり

温泉・パワースポット・風水・美味しいものが大好きです。旅行に行くために節約、家計管理も頑張っています。

スポンサーリンク

多彩なお風呂が楽しめる 長野県安曇野しゃくなげの湯

安曇野市は大王わさび農場や穂高神社、国営アルプス安曇野公園、多数の美術館があり長野県内でも大人気の観光地です。その安曇野市に2016年10月にオープンした日帰り温泉 しゃくなげの湯をご紹介します。

f:id:yamaumionsen777:20170926144634j:plain

 

 

温泉

f:id:yamaumionsen777:20170926144616j:plain

温泉は石の湯と木の湯があり、定期的に男女入れ替わります。

石の湯には炭酸泉と塩サウナ木の湯にはシルク湯と遠赤外線サウナがあります。

私は炭酸泉を楽しみにしていたので残念…。夫は炭酸泉の炭酸ガスがとても気持ちよく、ずっと炭酸泉に入っていたと言ってました。

シルク湯は真っ白なお湯で気持ちがいいのですが、39℃とぬるめのお湯でした。

日曜日の16時ころ行ったのですが、とにかくお客さんが多くて洗い場は広いのにいっぱいでした。安曇野市民は入浴料が500円なので地元の方もたくさんいるうえ、家族連れや観光客らしき方も多かったです。脱衣所も混雑していて、ドライヤー待ちの方もたくさんいたのでゆっくりしたい方は平日来ることをお勧めします。

広々とした内湯はこの日は40.5℃でした。源泉は69℃位ですが長い距離をひかれる間に湯もみされ、柔らかいお湯になるそうです。無色透明、無味無臭なので温泉っぽさは全く感じられないのですが、優しい柔らかいお湯です。硫黄臭のする温泉を好む方にはちょっと物足りないかもしれません。

ジェットバスは肩・腰用と足裏・手のひら用が分かれているので、両方一緒に噴射されればいいのになと思いました。

露天風呂はあつ湯とぬる湯があります。この日はあつ湯は44℃ありました。あまりにも熱くて10秒ほどしか入っていられなかったです。ぬる湯は40℃でした。

露天風呂は10人も入ればいっぱいになってしまう位の大きさなので、この日はとても混んでいてぬる湯は常に満員状態です。あつ湯には誰も入っていないのに…。

柵があるため安曇野の景色もちょっと見えにくく、雄大な景色を眺めながらつかることができないのが残念です。

1時間2000円で使用できる家族風呂もあります。

 たくさんの種類のお風呂が楽しめるので、お得感のある温泉でした。自分好みの温度のお風呂を選んでゆっくりリラックスできます。

 

温泉データ

泉質:アルカリ性単純温泉アルカリ性低張性高温泉)

一般適応症:筋肉若しくは関節の慢性的な痛みまたはこわばり、運動麻痺における筋肉のこわばり、冷え症、抹消循環障害、胃腸機能の低下、軽症高血圧、糖尿病、軽い高コレステロール血症、軽い喘息または肺気腫、痔の痛み、自律神経不安定症、ストレスによる諸症状(睡眠障害うつ状態など)、病後回復期、疲労回復、健康増進

泉質別適応症:自律神経不安定症、不眠症うつ状態

源泉温度:69.3℃

 

 

館内

休憩スペースは大きなテレビと座り心地の良いソファがあり、お風呂上りにゆっくりくつろぐことができます。

お土産コーナーはとても広く、種類が豊富です。お菓子だけでなく、ワイン・ビール・日本酒・お蕎麦も売っていて、安曇野のお土産はここで買えてしまいます。

マッサージ室もあり、登山客の方は5分延長サービスを実施していました。

 

レストラン

f:id:yamaumionsen777:20170926144605j:plain

レストランはとても広々としていて、お座敷とテーブル席が半々位あります。

駒ヶ根名物のソースカツ丼安曇野産トマトを使ったフェットチーネなど地元産の食材を使った美味しそうなメニューが豊富です。ただこのレストランにはお蕎麦がありませんでした。うどんはあります。長野県の温泉施設にしては珍しいなと思いました。

 

私は海老づくしを注文しました。

f:id:yamaumionsen777:20170926144522j:plain

 

f:id:yamaumionsen777:20170926144534j:plain

ネタもシャリも大きくてボリュームがあり、8貫もついていて1080円でした。身がプリプリしていて、どれもとても美味しかったです。

このレストランの無料で飲める給湯器はほうじ茶・煎茶・十六茶・お水・お湯と種類が豊富なので嬉しいサービスです。

 

 

施設データ

住所:〒399-8301 長野県安曇野市穂高有明7726-4

電話:0263-88-4126

アクセス:車・長野自動車道 安曇野IC下車 一般道で約25分

     公共交通機関穂高駅からあづみ野周遊バスでVif穂高で下車

営業時間:9:30~21:30(最終受付20:30)

休館日:毎月第一水曜日

入館料:安曇野市内の方・大人(中学生以上)500円

            70歳以上 450円

            小学生 300円

    安曇野市以外の方・大人 700円

             子供 400円

 

安曇野しゃくなげの湯の公式サイトはこちら

syakunagenoyu.info

 

安曇野の関連記事

www.yamaumionsen.com

www.yamaumionsen.com

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

 


温泉ランキング